院長のブログ

HOME» 院長のブログ »異物感としての入れ歯

院長のブログ

異物感としての入れ歯

そもそも有床義歯は人工歯+床により構成されたお口にとり異物です。

それに適応することができるのが人間であり他の動物ではおそらく無理です。

吐き出してしまいますね?

異物感が強ければ我慢して食いしばるかもしれません。総入れ歯

慣れてこれで噛むことができる道具としての認知は努力が要ります。

小さいものから適正な大きさにする、低い高さから適正な高さにする、発音訓練をする、嚥下の訓練

をする、笑うこれらを積み重ねて慣れることが大事ですね。

総入れ歯はまさに異物そのものかもしれませんね。

ですから快適に使えるように入れ歯製作には工夫して名人が作り、

患者さんは精神的には行動認知が大切になります。

2018/01/06

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

スルガローン

 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面