院長のブログ

HOME» 院長のブログ »咀嚼力の低下への対応、総入れ歯の場合

院長のブログ

咀嚼力の低下への対応、総入れ歯の場合

本日の朝日新聞にかむ力低下=衰えのサインとの記事が出ていましたが自分の口で噛めない

これはいろいろな食材が取れないので栄養学的にも偏るんのですがお口のフレイルは全身の衰えになります。

ですからお部屋で軽い運動ができるコンビの踏み台とパタカラ体操がいいですね。

総入れ歯での筋力低下と咀嚼力向上にパイロットデンチャーシステムではシリコンチューブを使います。

治療義歯で3月くらい徹底的に咀嚼筋群、嚥下機能のリハビリをいたします。

食べた食品群の検査をいたします。

お口のフレイルに対応します

また定期検診にRSST検査と咀嚼定性テスト、唾液検査が総入れ歯の人にすべて行いフレイル予防しています。

これは5年ほど前から遠藤歯科医院ではルテインですでにしています。

初めての患者さんでも嚥下機能に問題があればこれらの予防をして要介護の予防もします。

出来れば総入れ歯は60歳代で適正なものを入れたいですね。そして毎食事はよく噛むことですね。

お口の筋トレ及び軽い運動あるいはウオーキングです。

生活の質の向上には総入れ歯でも十分噛めることです。人工歯もいろいろあります。

一例ブレード歯,人工歯の金属の包丁が付いています?

総入れ歯

2018/01/10

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

スルガローン

 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面