治療の特徴

HOME» 治療の特徴 »審美義歯(エステティックデンチャー)

治療の特徴

審美義歯(エステティックデンチャー)

 

遠藤歯科医院の入れ歯が美しく仕上がる理由

・笑った時のお顔をイメージして正確に設計します。
・セラミック製の歯が「天然の歯に近い見た目」を作り出します。

「噛める」ことはあたりまえ。その上でいかに美しく仕上げるか。

口元の印象というのは、他人に与える「その人自体の印象」を大きく左右します。文化人類学者、香原志勢氏は「顔の中で品の良し悪しが最も表れやすいのは口元である」とまで言っています。「笑顔で人に接したい」と思っても、口元にコンプレックスがあると、口を大きく開けて笑うことができなかったり、人に会うこと自体が億劫になってしまったりすることもあるでしょう。だからこそ「入れ歯であることを気づかれたくない」というのは、入れ歯を使われているすべての方の願いと言えるでしょう。

さらに入れ歯の調整に際しては「昔の歯並びを取り戻したい」あるいは「せっかく入れ歯を作るなら、以前より美しい歯並びを手に入れたい」と考えるのではないでしょうか? 当院ではそういった思いを大切にし、他人から気づかれない、見た目の美しい入れ歯に調整しています。

良い義歯とは?

良い義歯とは、印象と噛み合わせで決まります。車の両輪です。義歯はまた、形態と機能がその個人に合っていなければ用をなしません。審美義歯とは、最新・最善の方法で熟達した歯科医師と歯科技工士が織りなす芸術の域なのです。時間と費用はかかりますが、一度お試しください。

形態美+機能美を両立させる入れ歯の特徴

「見た目が美しい入れ歯」を実現させるためには「美しく作ること」と「美しく使えること」の両立が必須です。美しく作るために必要なのは、歯科医師や技工士の技術、優れた製作システムといった「ハード面の充実」です。

ですが入れ歯は「飾る物」「眺める物」ではないので、形がきれいなだけでは不十分であると考えます。そこで大切なのが「美しく使えること」です。笑ったときや食べ物を食べるときなど、顔の表情や筋肉が動いたときも、違和感なく美しく見えること。これも見落とすことができないポイントです。形態と機能は切っても切れない関係なのです。

【美しく作る1】最適&納得の仕上がりがイメージできる安心のシミュレーション

どんな歯並びになりたいのかを言葉で説明するのは難しいかと思います。そこで当院では、「歯を失う以前のご自身の笑顔の写真」をお持ちいただいています。「どんな歯並びだったのか」「笑ったときに歯がどれぐらい見えていたのか」といったことが具体的にわかりますので、より天然歯に近い入れ歯を作ることが可能となります。

ほかにも、残存している歯の型から入れ歯の模型を作成したり、パイロットデンチャーシステムによって噛み合わせをチェックしたりするなど、さまざまな診査をていねいに行います。満足と納得をいただける入れ歯の調整には、こういった事前の診査・診断が何よりも重要だと考えています。

また当院では、表情を数値化・可視化することができる「スマイルスキャン(スマイル診断機)」も導入。入れ歯装着前の表情を撮影してシミュレーションすることで、治療後の完成形を事前に確認できます。さらには、治療の過程で表情(美しい笑顔)が完成に近づいていることも実感できます。

【美しく作る2】二段構えのパイロットデンチャーシステムを採用

当院で審美義歯を製作する場合には、100%「パイロットデンチャー」というシステムを用いています。パイロットデンチャーは、日本語で言うと「治療義歯」。ずれてしまった顎の関節や衰えてしまった顎の筋肉を、本来の状態に戻すために使われるリハビリ道具です。

パイロットデンチャーシステムについて

一般的には、パイロットデンチャーによるリハビリを行わず「型を取って位置を決め、できあがったものを試しにつけて調整し、できあがった完成品を調整したら治療終了」というスタイルが多いと思われます。

ですが、歯を失ったことで少し淋しく見えていた口元が急にきれいになると、それだけで入れ歯を入れたことを周囲に気づかれてしまうケースがあるかもしれません。反面、当院のシステムでは、治療義歯と最終義歯の二段構えであることにより、より自然な口元を、より自然な流れで生み出すことが可能です。

さらには、今まで使用していた合わない入れ歯によってお口の中の粘膜や歯ぐきが傷つき、炎症を起こしているケースもあります。そんな場合でも、リハビリ期間の治療によって口元の健康を取り戻してから最終義歯を入れることになるので、痛みや不快感が生じることもありません。

【美しく作る3】素材の質と技術にこだわる匠の世界

入れ歯の素材に関しては瀬戸物とハイブリッドが中心ですが、当院でお薦めしているのは瀬戸物です。ハイブリッドに比べると少々割れやすいのがデメリットですが、光を乱反射することにより、見た目がとても自然で美しい仕上がりとなります。また、瀬戸物のほうが歯に口紅がつきにくいというメリットもあり、女性には特に喜ばれています。

色のサンプルも数多くあります。何種類かの色の人工歯配列を場所によって使い分けることにより、歯並び全体を自然な色合いで再現できます。また瀬戸物の場合、メタルボンド製の差し歯などと同様に、1本1本焼くことも可能です。

さらに「口紅が歯につかない」という効果は、義歯の素材だけによるものではありません。「口紅が歯につかないように、解剖学的な理論に沿って義歯を配列する」といった技術も必要なので、当院ではその理論に基づいて「入れ歯を美しく、快適に使えるように人工歯を配列」しています。

●医師と技工士が連携して、どのようなケースにも対応
入れ歯を製作するにあたっては「元どおりに...」という希望ばかりではなく「真っ白な歯にしたい」「以前よりもきれいで理想的な歯並びにしたい」と希望される方もいらっしゃいます。当院では、可能な限り患者さまのご希望に添えるよう、どのようなパターンにも応じることを心がけています。

例としては、元々の歯並びが反対咬合だった方に、リハビリ治療などを行いつつ入れ歯をお作りすることによって、正常咬合を実現したこともあります。また、総入れ歯に限らず、部分入れ歯にも対応可能です。

入れ歯の調整におきましては、医師と技工士が連携して、細かい調整をていねいに行っていきます。時には患者さまのチェアサイドで、医師の指示によって技工士がリアルタイムで調整していくことも。そういった確かな技術の連携と積み重ねにより、患者さまに満足していただける入れ歯の調整を行っています。

【美しく使う1】アンチエイジングもしっかり考慮

当院の入れ歯は、入れ歯を使用する人が悩まなくて済むように、しっかりと見た目にこだわって調整しています。そして、見た目にこだわるからには「年を重ねても美しい口元とは、どういうものなのか」を真剣に考えなければなりません。そのため院長は「日本抗加齢医学会」に属してアンチエイジングについて学び「日本抗加齢医学会専門医」の資格も取得しています。さらに、日々研修会で研鑽しています。

また、機能はもちろんのこと、審美的にも優れた入れ歯を作るために「科学的にも美しい笑顔」が分析できる機器や理論を駆使しています。その後のリハビリで、当院の入れ歯を使用している多くの方、特に女性の患者さまから「人前でまったく気づかれない」「大きく口を開けて笑うことができるようになった」といった、数多くの嬉しいご報告をいただいています。

【美しく使う2】フェイシャルエクササイズも導入

お口の周囲には、食べ物を噛むために使う咀嚼筋や、笑ったり話したりするときに顔の表情を作っている表情筋といった多くの筋肉があります。ですが、歯を失ってしまい、噛み合わせが悪い状態で過ごしていると、これらの筋肉の動きが少しずつ低下してしまいます。

入れ歯をしっかり安定させるため、食べ物を噛んだり正確に発音したりするためには、お口の周囲の筋肉の調和が必要です。また、せっかく美しい入れ歯を手に入れても、表情筋がしっかり動かなくては自然で美しい笑顔が作れません。

そこで、パイロットデンチャーによる治療の過程では、筋肉のリハビリやトレーニングも行っていただいています。また表情筋を鍛えるため、リハビリにフェイシャルエクササイズを取り入れているのも当院の特徴のひとつ。当院では、フェイシャルエクササイズの第一人者であり「フェイスニング」という言葉を生み出した犬童文子先生のご指導の方法で、正しく効果的なやり方をご紹介しています。

フェイスニングでお口の周囲の筋肉が活性化されると、自然にお口の中で入れ歯をしっかりと支えることができるようになり、笑ったり話したりするときのお口の動きがスムーズになってきます。まさに健康美が得られます。パイロットデンチャーによって作られた最適で快適な入れ歯と、それを使いこなせる筋力アップで、本当に美しい口元をよみがえらせましょう。

審美義歯ができるまでの工程

【STEP0】検査
咀嚼力、顎機能、咬合検査、笑顔度の検査を行います。
 

【STEP1】出来るだけ手圧をかけない型取り

【STEP2】精密印象または選択点加圧印象

【STEP3】仮咬合採得
 

【STEP4】顎位の決定、ゴシックアーチトレーシング
 

【STEP5】仮歯試適
 

【STEP6】仮歯完成
仮歯で3か月ほどトレーニングを行います。
 

【STEP7】ゴシックアーチトレーシング
 

【STEP8】咬座印象
 
 

【STEP9】本義歯試適、主咀嚼側確認

【STEP10】本義歯完成
 
 

良く噛めて、笑えて、喋れて、美しい口元の審美入れ歯の完成です。定期健診でご自身の一部として安定して使用するのが、人生をより豊かにします。

※標準の場合、STEP1~6で1.5か月、STEP7~10で1.5か月、合計6か月かかります。

 

入れ歯と気づかれない!!

  • 人工歯、床の色、自然な形を最大限追求して作ります。
  • 審美義歯にてリハビリ、発音時の口元の動きをチェック。
  • 笑った時の前歯の見え具合チェック。


見た目を重視した美しい入れ歯を作ります。
(審美義歯加算あり、症例により異なるので別途見積もりして決定します。個人差有)


 

審美義歯痛くなくて、よく噛める入れ歯「噛む」「話す」「美しさ」

治療の特徴

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

スルガローン

 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面