最新情報

HOME» 最新情報 »高齢者はお口の環境が生存に影響する。

最新情報

高齢者はお口の環境が生存に影響する。

Age and Ageing 445-456 1997 の文献によるが70-75歳1303名を上顎10歯以上残存歯を有する者、以下で義歯装着者、以下で非装着者での比較で有意な差がみられた。

ですから50歳過ぎたらお口の環境を見直し治療すること、また高齢者でも義歯を装着して

十分咀嚼する、誤嚥を防ぐこれが生存に影響することがわかりますね。

飲み込んでしまうのでなく噛むことです。

文献引用改変

55歳くらいからその差が著しいですね!!

いかにそのことに気が付き治療するかですね。

総入れ歯

 

2018/08/30