院長のブログ

HOME» 院長のブログ »総入れ歯と顎関節異常

院長のブログ

総入れ歯と顎関節異常

総入れ歯の維持は大気圧と粘着(唾液がほとんど)で維持されますが上顎は基礎維持と閉鎖維持で持たせられますが

さて下顎義歯はどうでしょう。

維持面積が上に比べ小さい、舌があるからどうしても咀嚼のときに支持すなわち咀嚼の時の人工歯の接触が問題になります。

三本足、すなわち左右の顎関節の運動、人工歯これらが調和しないと下顎の総入れ歯は口の中で泳ぐことになり噛めないし、食べ物と仲間になりなんだかわからなくなるのです。

顎関節症はやはり治療して本物の入れ歯を入れなければなりません。

インプラントも顎関節の整位して咬合を作らないと長く持たないのは同じです。

下の写真にゲルバーの3本足の図、顎関節正常(左)、顎関節異常(右)です。

 

総入れ歯

2017/09/19

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面