院長のブログ

HOME» 院長のブログ »高齢者の総入れ歯治療

院長のブログ

高齢者の総入れ歯治療

ご高齢になるとすべての機能が低下するといっても過言ではありません。

唾液の分泌機能、嚥下機能、咀嚼機能、そして形態的には粘膜の筋層が薄くなること、骨の脆さ、総入れ歯

顎関節の円板異常、などなど、

そして精神的な心のネガテブさ。

ですから高齢になる前にお口の管理、総入れ歯はよく適合したものを若い時に入れておきたいのです。

これは毎日の定期検診で特に私が感じることです。

毎日が人生、日々好日でおいしく食事を食べることを希望するのなら少なくとも60歳代で

お口の徹底的なケアをsることです。

そして毎日の歯磨き、入れ歯の手入れ、リステリン30秒嗽、そう入れ歯の人工歯は金属歯,陶歯

ですよ。歯に菌がつきにくいからです。

お口の清潔性からすると、高分子の物はよくないことがわかりますね。

もちろん総入れ歯の裏に入れ歯接着材などは長時間つけていれば雑菌の温床なのはわかりますよね。

免疫力の低下した高齢者は誤嚥性肺炎予防のためにも私は使わないほうがいいと思います。

徹底的なお口の清潔度を高齢者ほど守りたいものです。

身近に総入れ歯の方がおりましたら外して観察してみてください。

2018/01/15

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面