院長のブログ

HOME» 院長のブログ »総入れ歯難症例

院長のブログ

総入れ歯難症例

安保先生の本を読みなるほどの感を受けたのでブログを書きます。

強いストレスで交感神経が過剰に優位になると顆粒球が増えて潰瘍ができやすくなる。

そして痛みの連鎖から不安になる交感神経が緊張する即ち負の連鎖が加速する。

粘膜を相手にする総入れ歯や部分入れ歯はストレスフルの人は不適応なのかもしれません!!。

また高齢になると脳機能の関係で不随運動が起こりいわゆるもぐもぐ病義歯が動揺して傷ができやすいですね。

それに輪をかけて交感神経が緊張して唾液の分泌が不足するのでどんどん痛くなりますね。

総入れ歯の痛みを和らげるには精神の安定も大事です。

いつもイライラしている人は床義歯は不適応ですね!!。

痛くない層入れ歯とは

2019/05/05

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面