院長のブログ

HOME» 院長のブログ »よく噛める総入れ歯とは?

院長のブログ

よく噛める総入れ歯とは?

林 都志夫先生は文献にて「咬頭歯を使うことが総義歯の本来の姿そして正しい中心咬合位を見つけることの」大切さを述べています。

そうです

ですから科学的にはゴシックアーチ描記法が総入れ歯には的確ですし部分入れ歯でも使います。

もちろん有歯顎ではド-ソン法で簡単にできますが無歯顎では動いて正確性が損なわれるので無理です。

食べているときの安定性は主咀嚼側の部位をも確かめます。

そして良く噛める総入れ歯、部分入れ歯を遠藤歯科では作ります、一味違います。

嚥下のときの顎関節の後方への動きもしっかりゲルバー先生のコンヂレータ咬合器で検査するからです。

そして人工歯を排列していますので飲み込みやすく、噛みやすいのです。

実際は企業秘密なのですが。

 

2017/07/19

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面