院長のブログ

HOME» 院長のブログ »総入れ歯の咬合器付着による検査

院長のブログ

総入れ歯の咬合器付着による検査

現在の入れ歯を形にとりあるいはゴシックアーチを記録して検査することはとても大切です。

補綴の専門医の先生ならばこの検査をして現況を診断すると思います。

そこで初めて入れている総入れ歯の咬合の可否が診断できるからです。

私はゲルバーの咬合器かデナーを使います。

もちろん粘膜面はウーリヒの診断表です。これに客観性を加味するために、咀嚼能率、唾液量、咬合

接触面積を加味します。

これらの診断がホントにいい総入れ歯の設計につながるからです。

正確な診査、診断なくして生体に適合した総入れ歯はできません。

総入れ歯総入れ歯

これらの機器はルーチンワークでいつも使わないといい入れ歯はできません。

2018/02/16

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面