院長のブログ

HOME» 院長のブログ »Reduced occlusion

院長のブログ

Reduced occlusion

高齢化の骨の疲弊や不適合な入れ歯の長期使用、インプラントの失敗により人工歯を並べる顎の吸収がひどい症例が増えた。

そこではGerberのReduced occlusion が噛み合わせの安定にいい方法です

これは端的に述べると専門的には「咬合接触面積を顎堤の吸収状態に応じて変える咬合様式」です。

そして吸収の底にできるだけベクトルが垂直に向くように排列します。

もちろん人工歯はGerbernoCondyloformを使います

総入れ歯の推進現象を最小限にします。

これが総入れ歯における最新の咬合理論です。

もちろん咬合器はGerberのCondereterを使います当然顔弓を使うのは当然です。

いい入れ歯はこのような工程を踏みます。

一味違うのです。

2017/03/12

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面