院長のブログ

HOME» 院長のブログ »噛み合わせと型取りは連動している

院長のブログ

噛み合わせと型取りは連動している

何か難しい問題でわかりにくいと思いますが総入れ歯は咬合すなわち人工歯の配列位置と床の部分

すなわち粘膜の面が咀嚼のとき一致していないと痛くてかめないと理解してください。

すなわち専門語で維持、支持、安定といいます。

冠やブリッジだと歯根膜負担なので一時はわかりません、もちろん時間の経過と共に痛くなりますがーーー。

総入れ歯はすぐにわかるのである意味誤魔化しができない治療なのです。

ですから私がパイロットデンチャー法を推奨するのは咬合の安定+粘膜の整地化をはかり

快適機能義歯につなげているのです。

これらのことは先輩の偉大な総入れ歯の名人の先生は理解しています。

それではない場合咬合調整やリマウント(感性義歯を咬合器に再度つけ調整)して適合を向上させる。

痛くなくよくかめる総入れ歯の秘密は咬合と印象の連動です。

 

総入れ歯

2017/09/19

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面