院長のブログ

HOME» 院長のブログ »よく噛める総入れ歯の科学的根拠

院長のブログ

よく噛める総入れ歯の科学的根拠

総入れ歯の患者は歯がないので当然歯根膜がありません。

歯根膜からの感覚受容器からの大脳咀嚼野えの情報がないのです。

そこで顎関節の機械的受容器による開口量と閉口筋紡錘がリズムと咀嚼力に大きな影響を与えることになります。

よく噛める総入れ歯は粘膜に良く適合して、顎関節の運動に適合して、そして表情筋、咀嚼筋に

適正であることがわかりますね。

筋繊維に対して長くもなく、短くもなく丁度いいのが最高です。そこで入れ歯の型取り、かみ合わせの

位置の決定がとても大切なことになります。

無圧印象、選択的加圧印象,咬座印象、ゴシック描記などがよく噛める入れ歯には必須になります。

もちろん治療義歯や移行義歯があるとよりよくできますね。
 

2022/02/11

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

費用と治療期間

セミナー

無料相談

入れ歯チェックシート

理論と技術の両輪で作る至高の入れ歯

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面