院長のブログ

HOME» 院長のブログ »総入れ歯の噛み方

院長のブログ

総入れ歯の噛み方

総いれば歯は床と人工歯から構成されます。一体化していますので重心である第一小臼歯、第二小臼歯、第一大臼歯

が咀嚼の部位にすれば入れ歯の動揺は最小限にできます。普段はこの部位で噛み切り、咀嚼しましょう!その反対に

前歯で噛む人は3年くらいで上顎前歯部がフラビーガムになりやすくなります。

それと高さが低い入れ歯はさらによれに拍車をかけます。これはポセルトの図で説明できます。

長く顎の骨を温存したい方は総入れ歯では前歯で咬まないことです!!

この図は前歯で噛むと矢印のところに力がかかり上顎の歯槽骨が退行性の骨吸収が起こる説明です。

2017/03/08

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面