院長のブログ

HOME» 院長のブログ »難症例の無歯顎

院長のブログ

難症例の無歯顎

初診の方ですが20年間2,3度入れ歯をつくりましたが気持ちが悪く入れていられないので

無歯顎で食べていたとのことです。。

この場合、顎関節の位置が前方転移しているし関節くうの退行性の線維化、また咀嚼粘膜の線維化

などが起こり異物感が強く総入れ歯適応が困難と思われます。

そして舌が巨大になりこれも入れ歯の異物感になります。

所詮総入れ歯は異物ですのでそれになれる訓練がいるわけです。

私の長い臨床歴でも20年顎のみで食べていた方は初めてです。

顎位の取り方も半端ではありません。

超難症例です。

2018/01/16

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面