院長のブログ

HOME» 院長のブログ »その気になるー

院長のブログ

その気になるー

単純な性格なのか集中して勉強するときや、難しいときは頭にレオナルドのバンダナを

巻き、鉛筆はアインシュタインの筆箱から出して構想や論文のレビューをしています。

気分から攻めて天才の気を感じてその千分の一、一万分の一でも閃きをとの

浅はかな凡人の虚しい行動なのかもしれません。

本を読んでいてもすぐにその人物に感化されやすいのです。

チェゲバラの本でもそうでした。さすがに三浦雄一郎さん、植村直己のような登山家の

冒険者は体力がないのでスルーです。

オペラ

杉谷義弘さんとの出会いでオペラのすばらしさを知り、グルベロバー、アンナ、ランカトレー、もちろん3大テノール、ドミンゴ、カレーラス、

ババロッテイ、旧くはマリアカラスですかこれらのCDを毎日聞いています。

今年はベルヂイの記念でいい出し物が多いのが嬉です。

それにしてもドミンゴさんには人間的な魅力を感じます。

一昨年3.11のあと4.10来日して故郷をうたい、それも3回の歌い日本を勇気つけてくれました。

今でも日本は嫌だの歌い手がいる中で真っ先に来日公演してくれた感動は忘れません。

また今度の来日は7月肺の病気にもかかわらず72歳の高齢でもテノールからバリトンへ華麗に変遷しました。

私は特にアリアを聴くとオペラ本当にいいと思います。

今は無線ランでヘッドホンで聞いています。

此れは電車の中でもカバンにCD本体を入れて聞けるのでいいですよ。

山野楽器にいいCD探しに行こう。ついでに木村屋のアンパンも買います。

ついでに伊東屋にもよりたいですね。

円熟味を醸し出してのドミンゴさんブラボーです。

まだまだすばらしい声を聞かせてほしいと思います。

クレバーの指揮のカルメンでのドンホセ役はまだの感がありますが今の72歳での声、驚異以外の何ものでもありません。

グラナダいいですね。

治療義歯の必要性

最近来院していただける患者さんは治療義歯の必要性を理解して勉強して

遠藤歯科医院でなければの想いの方が多いので嬉です。

根本から治すには今までの悪習慣を引きずっていてはいい総入れ歯はできません。

悪い噛み癖の修正、粘膜の被圧変位の回復を治療義歯、すなわちパイロットデンチャーで

リハビリして本当に安心、安全な本義歯にバトンを渡さなければなりません。

これは多くの術式で41年間総入れ歯を調製しての遠藤の結論です。

失敗のない快適な入れ歯を作る最善の方法だからです。

もちろん治療義歯(P.D)だからいい加減ではありません、従来の総入れ歯より精度が

いいと思います。

フエスボウ、ゴシックアーチも使います。

総入れ歯の考えられるすべてを集大成しての方法だからです。

これらは遠藤式として症例を集めています。

いい入れ歯には治療義歯、パイロットデンチャーが必要です。

2013/10/19

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面