院長のブログ

HOME» 院長のブログ »総入れ歯の困難性

院長のブログ

総入れ歯の困難性

ご存知のように総入れ歯はすべて床で粘膜と接していますので下の入れ歯は食いしばりや歯ぎしりにて

粘膜が痛むと噛めません。とても小さい潰瘍でも痛いからですね。

そこで形の取り方、かみ合わせの位置が大事ですね。それと入れ歯を入れている人の入れ歯としての

異物にどうなれるかの努力が要ります。

時計や眼鏡と違いとても敏感な口腔の中で機能しなければならないからです。

これは個人差があります。

可能な限り精度や形態を作っても異物は異物ですね。本来ない人工歯、床そしてレジンや金属が

お口にあるだけで不快なのです。

それを折り合いつけて入れるそれが総入れ歯です。

人間以外入れておけないのが入れ歯です?

総入れ歯

2018/03/01

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面