院長のブログ

HOME» 院長のブログ »顔と表情の人間学

院長のブログ

顔と表情の人間学

此れは香原志勢さんの本の題名であるがこの中に歯科審美の項目として大事なことが書かれている。

サルから人へ進化の家庭が述べられているのだが1.顔は常に文化の影響下にある、

2.人間は相手の顔から,その人の心と、その社会の文化を読み取る、3.顔の中で品の良し悪し

がもっとも現れやすいのは口もとです。


ですから矯正ができなかった】方は入れ歯の時が口元をきれいにするチャンスです。


インプラントは顎の対向関係が違いすぎると植立が難しくなるからです。

鏡を見てもう少し口元に品格をつけたい人は入れ歯の審美専門に相談がいいですね。

エステテックデンチャー

なかなか日本では入れ歯というものは食べることの意味に重きがあり発音や見た目に対しては

あまり重きにない。もちろん入れ歯は食えれ事が大事であるがそれの付加価値が大事です。

此れは保険主導なので美しさ、見た目、若々しさ,人工物とばれない領域は論外との考え

からでしょうか?

でも円熟味のある中年以降の特に女性は口元の感じ、微笑みの中に気品と自然さを表現できた

ら第三者の受ける感じは本当に違います。翌日から髪の形、めがねも変わります。

これはいままでエステテックデンチャーを装着した女性の多くの方がそうです。

前歯の排列、人工歯を2種類使い場合により人工歯を削り世界でひとつの歯並びにする

こんな贅沢もいいものです。

個性排列、非対称排列をして本当に喜ばれる方もいますがまだまだ歯に関心が無いのか

左右対象形万里の長城みたいな歯並びの入れ歯が多いのが現状です。

私の恩師加藤吉昭教授は美学からの人工歯の排列最高でした。小林利裕先生の本にもでています。

絵画の素養、右脳の素養(B,エドワーズ)を持つと思われる堤嵩詞氏もすばらしいです。

遠藤歯科のエステテックデンチャーは患者さんの天然歯を写真で確認して、フエスニングで

表情筋を活性化して行なうのですからボトックスやヒアルロン酸とは一線を画します。


入れ歯でも個性的で自然を望まれるのなら人工歯の色調、形態、歯並び、唇からの見栄具合

などトータルに改善しなければなりません。

今テレビに出ている入れ歯のある女優さんは口一杯の人工歯の排列で膨らみを持たせるので

発音に問題がでていますね。

滑舌です。

顎関節の位置も入れ歯の位置も自然に学び自然の美しさに勝る物はないと思います。

私のエステテックデンチャー(審美義歯)は自然に学び作ります。

2014/03/21

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面