院長のブログ

HOME» 院長のブログ »不適合総入れ歯の弊害

院長のブログ

不適合総入れ歯の弊害

不適合総入れ歯を入れていた期間が長いと歯槽頂が廃用する。

これは総入れ歯が歯槽堤に適合していなくて辺縁部が支持として使われるからです。

また義歯の外傷が繰り返されると瘢痕治癒の繰り返しで繊維性の増殖がおこる。

もちろん良性腫瘍ですから心配はありませんが支持で着ないので痛くてかめないのです。

これらは気持ちが悪いのですが写真で載せます。

総入れ歯の適合も健康から

入れ歯が合わないのはもちろん歯科的な要素がと考えがちですが全身との関係があります。

糖尿病であれば炎症が起こりやすいので傷ができます、その傷が治りにくいのです。

また唾液が出にくいので入れ歯の安定が悪いのです。

リュマチであれば顎関節が変形していて顎運動が異常になります。

それですから全身の異常もよく調べることが大切です。

適合のいい入れ歯は全身の健康からですよ。

2013/01/31

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面