院長のブログ

HOME» 院長のブログ »総入ればと舌

院長のブログ

総入ればと舌

総入れ歯は頬の筋と舌の筋の中立の位置にあり安定します。

それが最近立て続けに長期間、高さの低いすなわち低位咬合の不適合入れ歯で我慢していた方の治療で難儀しています。

解剖学的に舌は筋の塊縦に横に筋層が走り低位の咬合の場合押しつぶされて巨大舌になります。

総入れ歯を入れる場合の難症例になりがちです。

長い間の適応なので矯正はなかなか大変です。多くの患者さんはあまり指摘されないと気づきません。

それに抵抗するためにはリハビリの努力かインプラントでアンカーを打ち込むかしかありません。

顔が違うように入れば治療も様々です。

そんな場合舌房を侵害しないように広げた人工歯の配列も入りますね。

高齢になればなるほど難しくなりますね!!

いずれにしても若いうちに歯はきちんと治したいですね。

総入れば舌房のの広い総入ればです。

 

2019/09/13

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面