院長のブログ

HOME» 院長のブログ »歯周病の成れの果てによる総入れ歯

院長のブログ

歯周病の成れの果てによる総入れ歯

本当は怖いのです。まず歯周病菌が血液に入り血管にプラークが沈着して動脈硬化をおこし血管がもろくなる。

そんなに怖くなくとも顎の骨がなくなるので著しくQOLが阻害されます。

顎の骨がなくなり総入れ歯の支持、維持が極端にわるくなります。ですから歯肉も治療して顎の骨を健全化することです。成れの果てになると総入れ歯も落ちやすいし良く噛めなくなります。

余りにも積極的に歯を残すと、顎の骨は水平になくなりで総入れ歯の支持維持が悪く苦労します。どこで歯を抜くか決断をすることです

2017/03/20

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面