院長のブログ

HOME» 院長のブログ »嚥下機能補助装置PAPの役目もする適正な入れ歯

院長のブログ

嚥下機能補助装置PAPの役目もする適正な入れ歯

舌機能の強化,アンカー機能の強化としてPAP(舌接触補助床)が使われますが高齢者が適正な

咬合高径の入れ歯が大切なことがこのこと似ても証明されます。

舌が口蓋に最大接触して舌圧を最大にして咽頭に食べ物を流し込みます。

合わない入れ歯では舌の表面に食べかすが残りこれが細菌の温床になり誤嚥性肺炎の元にもなります。

ですから高齢者こそ適正な入れ歯、清潔な総義歯が大切なのです。

リステリンの活用も大事なことが理解できると思います。

2017/07/17

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面