院長のブログ

HOME» 院長のブログ »総入れ歯の安定性

院長のブログ

総入れ歯の安定性

総入れ歯は床と人工歯で構成されたいていの人は片側性咬合で食べますから床が粘膜に密着して安定しなければ食べられません。

そこでは床が粘膜に密着するよう歯科医師の型取りが大切になります。

もちろん咬合の位置決めも大切です。

そして歯科技工士の金属床やレジン床の精密に作る工程も大切です。

顎関節の動きと調和した咬合はギージー、バウチャ―、、ゲルバ―先生のような大家もその理論で述べていますがとても大変なことです。

とにかく安定している総入れ歯はよく噛めます。

総入れ歯

2019/03/10

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面