院長のブログ

HOME» 院長のブログ »無歯顎の時間が長いと遺伝子レベルで筋が変化する?

院長のブログ

無歯顎の時間が長いと遺伝子レベルで筋が変化する?

歯を喪失して長い間補綴しないと咀嚼筋群の細胞レベルすなわち遺伝子までも変化するといわれています。
上の顎には内側翼突筋、外側に頬筋、付随意筋などがあり活性化しないと萎縮してしまいます。

入れ歯を長くいれていない場合やはり治療義歯(パイロットデンチャー)でリハビリが大切です。

また総入れ歯では接食、嚥下が上手くできるかのデザインも考えなくてはいけません。

入れ歯の形態、機能、顎の運動です。

形は似ていても機能が伴わなければ入れ歯はただの異物に過ぎません。

人工臓器のレベルで入れ歯をつくり筋の保存に心がけたい物ですね。

無歯顎の時間が長いと遺伝子レベルで筋が変化する?

インプラント不適応因子

1.骨粗しよう症
2.膠原病
3.シエーグレン病
4.糖尿病
5.精神疾患
6.ステロイド、抗凝固剤服用中
7.喫煙

などがあります。

これらの場合入れ歯が安心、安全です。

不安な歯は十分な管理の下に治療、あるいは抜歯をして持病と安心して闘うことです。

口腔の管理をしておいしく毎日の食事を楽しみたいです。

2014/01/31

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面