院長のブログ

HOME» 院長のブログ »入れ歯の軟質材による裏打ちはいいの?

院長のブログ

入れ歯の軟質材による裏打ちはいいの?

顎の土手が狭いそして骨が堅い、骨隆起が鋭いなどの場合シリコンなどの軟質で裏打ちする場合がありますが

これはいかがでしょうか?

1.ポーラス体「高分子化合物で架橋による隙間」であるから匂い、食品の色素などや特に油はつきやすいです。

2.柔らかければ咬合のベクトルが垂直でなければ義歯は微妙に水平にうごき顎の骨の退行性病変

 を惹起しやすいです。軟体動物を想像してください!!、堅い骨格がないとだめですね!!

3.剪断のベクトルが同じなら積分時間が長くなりどちらかと結うと骨の破壊が起こりやすいです。

4.入れ歯の床の手入れが大事になります、匂い、色の問題です。

5.金属で補強しないと破折しやすいです。

6.金属+レジン+シリコンで床が暑くなり違和感が強くなる場合があります。

ですからシリコンなどで裏打ちするときは慎重にしましょう。

快適な総入れ歯

2019/11/20

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面