院長のブログ

HOME» 院長のブログ »総入れ歯の高さに関する考察

院長のブログ

総入れ歯の高さに関する考察

かみ合わせの崩壊による顎関節、筋、顎堤の吸収および歯のずれなどで高さが低下した場合、

加齢に対してそれを戻すためにはいろいろな方法があります。

多くの場合総入れ歯でのランダム化比較試験では低下傾向が90%のデータがあります。

そこで元に戻しますが年齢により考慮することが大事です。

見た目的には高い方がほうれい線が消えて若々しくなりますが噛みにくくなるので排列のアーチでそれを

補償します。

そのときの噛む位置は1.2mm以内の中で中心位ーー中心咬合位の幅になります。

この原則を守ると総入れ歯は安定して痛くなくよく噛めます。

ゴシックアーチの図

噛める総入れ歯

2020/01/04

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面