院長のブログ

HOME» 院長のブログ »入れ歯と味覚

院長のブログ

入れ歯と味覚

フランスの食通家ブリア・サヴァランの名著「美味礼賛」の中で味覚は結局われわれの諸感覚の中で最も多くの楽しみ

を我々に与えるものであるとのべている。

ですから粘膜を覆う総入れ歯はとても不利です。それですからインプラントと短絡的に考えないでください。

超高齢化時代のリスク,すなわち,痴呆、骨そしょう症のときインプラントの炎症の制御どうしますか?

大変です。でもいいときをすごしたのだからあとで難儀してもいいのでしたらいいでしょう。

味覚を感じれる入れ歯の追及として無口蓋義歯、チタン床,ジルコニア床を考えています。

旨みの出ることには唾液が大事、、沢山水を飲み、できるだけ噛む、素材を小さくしてアミラーゼを働かせるのです。

一口30回総入れ歯の人もよく咬んでみましょう。

遠藤歯科ではですから咀嚼検査が必須です。

噛みましょう、!

痴呆防止の意味でも噛み,噛みです!!

2017/02/01

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面