院長のブログ

HOME» 院長のブログ »30代女性の入れ歯で見た目の自然観を与える

院長のブログ

30代女性の入れ歯で見た目の自然観を与える

色々な事情で部分入れ歯や総入れ歯になる場合はまず現在のあごの骨や咀嚼粘膜の保存をだいいちにかんがえる。

出来ればコツの保存にはインプラントも考なければいけませんが対顎関係でインプラントでは見た目がよくないときには入れ歯もありですが経年的に必ず起こる歯槽骨の吸収を最大限すくなくする必要がありますね。

それには印象、咬合採得を正確に中心位で決めますが位置の位置ですが不変ではありませんので最低年

2回の咬合調整必須です。!

そして審美的に自然観を出すために天然歯時のお写真があるといいですね。前歯はバイオブレンド陶歯,

自然観を出すために2番を内側入れるといいかもしれません。若ければやや歯の色はしろいのがいいかもしれません。

印象、嚙みあわせ、人工歯の排列、マウスボリュームなど考えそしてお口いっぱいでない入れ歯、余白の

空間つくりたいですね、それは歯科医師の感性でもあり歯科技工士の感性にかかります。

30代の人の入れ歯特に女性は慎重に!!

 

2022/06/14

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

費用と治療期間

セミナー

無料相談

入れ歯チェックシート

理論と技術の両輪で作る至高の入れ歯

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面