院長のブログ

HOME» 院長のブログ »豊麗線の変化

院長のブログ

豊麗線の変化

私は総入れ歯治療において若いころ患者さんのお写真を持参していただいておりますがこれは

豊麗線が若いころに比べ咀嚼側の偏移、顎関節の退行性病変、咬合口径の低位などで変化して、また加齢によ

る弛みで変わるのです。

ですからこれは女優さんの写真の変化で見るとよくわかります。

一番は偏咀嚼ですね。

総入れ歯でこれを直す手段は適正な咬合口径で治療義歯でのリハビリ、犬童文子先生の表情筋の

活性化しかありません。

表情を若くしたい総入れ歯の作成方法です

総入れ歯

 

2018/01/21

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

費用と治療期間

セミナー

無料相談

入れ歯チェックシート

理論と技術の両輪で作る至高の入れ歯

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面