院長のブログ

HOME» 院長のブログ »夜間入れ歯入れないほうがよい理由

院長のブログ

夜間入れ歯入れないほうがよい理由

此れは論文レビューをしていただければよい。

夜間の持続的な刺激により義歯性口内炎が起きます。もちろん持続して入れていれば床下

粘膜の円形細胞浸潤、上皮の角化、鱗屑形成である。

硬いものを食べて機械的な損傷よりも、夜間の無意識下の持続的な圧迫が細胞に悪いわけです。

シャピー線維を破壊、皮質骨の破壊につながるのです。

夜間も入れ歯が入れられます。此れは多くの論文や学術本を読んでいないたわごとなのです。

まずZahnersaztz fur Zahnlosen .p56からp.78をよんでから夜間入れ歯は入れられるの根拠を

のべてほしいとおもいます。

特に女性はベットパートナに歯のない顔をみられるのが嫌で入れていると思われるのですが

夜間は無意識下であることを、唾液の停滞があることをロジックに考えたい物です。

たくさん有床義歯を手がけての結論です。

例外は睡眠時無呼吸の場合マウスピースを使うのでいれていなければなりませんがー。

歯科医療はオケソン先生が言われるように何でもありの世界なのでしょうか?

睡眠中は有床義歯は装着しない事がよいです。

部分入れ歯の白いクラスプ

部分入れ歯で前歯の部分のクラスプを白い物に付け替える希望がありますがレジン床では

たわみがあるできません。

また鈎歯側が陶歯でもできません。

金属床でレジン歯に限られます。

後付けで金額は3万円からです。

前からピカピカが見えるのが嫌ですといわれる方の要望があります。

口の中が光るのが嫌ですといわれる方は女性が多いのが現状です。

ジルコニアクラウンも最近多いです。

審美の傾向がうかがえます。

もちろん総入れ歯も審美、エステ機能無しでは語れません。

2014/03/01

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面