院長のブログ

HOME» 院長のブログ »使いやすい道具として総入れ歯を考察する

院長のブログ

使いやすい道具として総入れ歯を考察する

何か小難しいタイトルですが使いやすい道具として総入れ歯を考えると簡単なことです。

お口の中はとても敏感なところですね。そこに異物としての物体が入るのですから並大抵のことでは

ありませんね。

そこで型取りの方法もよく工夫されなければなりませんね。

そのトレイを作ることから始まります。

そしてできる限り無圧印象です。

そして顎の位置も正確に決めなければなりません。

ここで歯科技工士も匠の技が要求されますね。

やはりこれらをクリアするには時間とお金がかかります。

でも車でも家でも使い勝手がいいものはお金がかかりますね。

噛みやすい総入れ歯も経済を有効に使わなければいい道具としての物はできないはずですね。

作るほうもうまい歯科技工士及び歯科医師はそれなりの時間と経済を使い現在があるので

いい総入れ歯もそれなりの金額がかかります。

総入れ歯

 

2018/11/19

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面