院長のブログ

HOME» 院長のブログ »総入れ歯難症例

院長のブログ

総入れ歯難症例

歯周病の放置や歯の自然脱落、合わない入れ歯の長期使用、入れ歯安定剤の誤った使い方

などで安定した顎堤の患者さんはすくなくなりました。

いわゆる難症例が多くなりました。

顔が違うようにお口の条件も各々ちがいます。

それに心、精神的な入れ歯に対する適応もあります。

総入れ歯の咬合、支持、維持をもとめるために顎の運動と人工歯の排列があります。

ゲルバーの方法は理論的に顎堤に垂直にベクトルが掛かるように排列します。

ですから支持がいいのです。


此れは配列の図です

2014/02/13

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面