院長のブログ

HOME» 院長のブログ »総入れ歯の型取り、いい入れ歯の基本

院長のブログ

総入れ歯の型取り、いい入れ歯の基本

バーナード レビンのImpressions for Complete Denturesを2日で読みました。

総入れ歯は粘膜との適合なので以下に正確に印象するか1960年台からの専門書に書かれています。

今はインプラントの時代なので総入れ歯の印しように関する話題も乏しいですが「温故知新」で古典の専門書

にいいことが書かれています。

総入れ歯の名人、名医でも印象、かみ合わせの位置決め、排列、などなど得意な部門があります。

総入れ歯のかたどりは基本の要,、解剖学的に正しい型でないと、どんな名人の歯科技工士でも

適合のいい総入れ歯はできないからです。

よい型は解剖学が正しく理解できなくてはだめ、咬合は機能解剖学がわからないとだめなのです。

2017/02/15

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面