院長のブログ

HOME» 院長のブログ »総入れ歯こそ咬合がキーです

院長のブログ

総入れ歯こそ咬合がキーです

KatzのHUMANOCCLUSIONやOKESONの咬合学、顎関節治療をもう一度昨夜勉強した。

それからわかることは天然歯の治療や印プラント治療よりも総義歯補綴歯ごまかしが聞かない治療だと

気がつきました。

それは顎の骨の中にアンカーがなく洋上に浮かぶ小船だからです。

片方に傾けば小船はバランスが崩れ転覆するかもしれませんね。

反対側で支えれば別ですがーーー。

総入れ歯は偏心咬合でその粘膜が傷つきます、そこで安定にはかみ合わせ、咬合が大事に成ります。

左右の顎関節との調和、すなわちゲルバーの理論がここで生きてきます。

総入れ歯の咬合、かみ合わせの的確さにより安定して咬めることにないます。

加藤均先生のライフワーク実践咬合論も役に立つ理論です。

いい総入れ歯は印象すなわち形のとり方、かみ合わせの決め方、人工歯の排列、レジンの重合制度で決まりです。

これらが一つかけても適合のいい総入れ歯はできません。「最善か無か」です。ゲルバー先生スイスでの研修会写真はゲルバー先生です。

2017/02/14

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面