院長のブログ

HOME» 院長のブログ »総入れ歯の粘膜区分

院長のブログ

総入れ歯の粘膜区分

お口の中は観察すると堅くうごくことが少ない粘膜域Ⅰ支持区域:硬口蓋、下顎堤、これは主支持部になり

経年的に硬口蓋はさほど変化しない(WATT、MACGREGOR」、Ⅱ床縁部、いわゆる歯肉移行部です

Ⅲ、舌、および頬もつとも移動範囲が大きいこれらの3つの区域に分けられるのでこれらの印象がとても難しいのです。

歯科医師によりⅡ、Ⅲは変わるし同じ歯科医師でも石膏模型にすると同じではなくなります。

そこで硬口蓋と粘膜の印象はできれば選択的に取りたいですね。

Ⅰの部分は金属床やジルコニア床にすることができますがⅡ、Ⅲの部分はレジンにて調整できるように

すべきですね。

このように印象すなわち型取りも難しいのでAI化なかなかできないのです。正確に作ろうとすると

総入れ歯はとても難しいのです。患者さんにとっては異物ですから特に骨の多く失われた人には

マウスボリュウム再現のためには大きな塊担うからです。

マウスボリュムを再現した総入れ歯の写真総入れ歯

2019/11/24

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面