院長のブログ

HOME» 院長のブログ »苦悩!!、時期を逃がした症例の部分入れ歯

院長のブログ

苦悩!!、時期を逃がした症例の部分入れ歯

60代後半の女性の方で顎関節変形、骨粗鬆症、糖尿病、リュウマチ、脊柱管狭窄症、逆流性食道炎などの

既往あり。

クラスⅡ、1類の咬合、機能平面の乱れ、残存歯の廷出、前歯のフーレアウト、ブラキシズム、これらを

正常に戻すには経済及び時間が1年ほどかかります。正常咬合にするには本人の自覚が要ります。

このような場合、歯科矯正と同じ時間がかかりますが加齢の壁がありなかなかうまくいきません。

女性の平均寿命86歳として少し遅いかなと思う症例です。

そこそこに今まで彼女がなされてい応急処置かな思いながら報告書を作っています。

部分入れ歯の場合は総入れ歯よりも残存歯があるがゆえに困難なケースが多いのが現状です。

治す時期があるからです。

 

部分入れ歯

2018/02/05

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面