院長のブログ

HOME» 院長のブログ »不適合総入れ歯で白板症?

院長のブログ

不適合総入れ歯で白板症?

長い間それも年単位の褥瘡の場合、前がん状態の白板症に移行する可能性も少なからずあるのではないか?

傷ができ治り、傷ができ治りを繰り返すうちに粘膜の細胞DNAが変異するのでしょうか?

他医院にて白斑症と診断されたケースで細胞診もされて確定診断がでていても、治療していて効果が期待できなければ再度口腔外科専門医のセカンドオピニオンを勧めます。

私のところでは東京医科歯科大学の粘膜専門の先生に紹介しています。

不適合総入れ歯での粘膜疾患が多いので難治性の場合対診が絶対必要だからです。

陰に隠れている病気も視野に入れなければなりません。

歯科治療のみにこだわると患者さんの苦悩が長引くからです。

おいしく食べるこれはまず入れ歯が痛くないことだからです。総入れ歯

2018/02/03

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面