院長のブログ

HOME» 院長のブログ »総入れ歯とサルコペニア

院長のブログ

総入れ歯とサルコペニア

サルコペニアは筋肉の老化です。,ロコモテブは骨の老化、、関節の老化です。

今回はご高齢になられてサルコペニアに対してどのように対応するかですが3年前に総入れ歯を作られたが

6月で8.5kg体重の減少、発音嚥下機能の低下、ドライマウスの発現です。

まずこの対応ですが総入れ歯の適応機能を上げ,全身の機能運動及び栄養として分岐鎖アミノ酸(ロイシン、バリン

イソロイシン)が筋細胞のたんぱく質合成を促進するので食べ物から取る、ビタミンDも骨代謝だけでなく転倒防止

摂取する。そして一次性か二次性か医師に判定していただくこと。

そして調理を工夫してよくかんで口から食べること、免疫力が落ちるので入れ歯は毎食後リステリンでうがい後

5分間液につける。水分を取る、n-3系多価不飽和脂肪酸これは魚の油に含まれるので魚を食べる。

よく噛む,舌の訓練などですが二次性の場合早急な内科的な治療が必要です。

好むと好まざることですが加齢は必ず訪れます。

元気なうちにお口の環境だけは十分確保したいですね。

 

2017/09/25

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面