院長のブログ

HOME» 院長のブログ »維持の悪い部分入れ歯の安定法

院長のブログ

維持の悪い部分入れ歯の安定法

鈎歯の安定が悪く機能平面の乱れている部分入れ歯を即時に安定させる方法を試みました。

咬合器に中心位にてマウントして旧歯部カット人工歯を排列、鈎歯はカットMGをつける。

此れで咬合、および見た目も解決。

新しく作り直さなくても維持のいい入れ歯ができました。

インプラント治療も噛みあわせが要です

初診での来院ですが下顎咀嚼側にインプラント2本打ち込まれています。

同側の顎関節の変形があり、疼痛もあります。

インプラントの咬合のみ強く、反体側は咬合が甘い状態です。

全体的な咬合が確立されていません。

むしろインプラントの咬合を弱くしないと対合歯がだめになるか顎関節の変形がさらに進みそうです。

事情をお話し前医に戻るようにいたしました。

2013/4/1

院長のブログ

平井駅の遠藤歯科医院 歯科/歯医者の予約はこちら

専門医の入れ歯カウンセリング

遠藤院長のブログ

アクセス

治療の特徴

費用

お問合せ
 

 

 

最新情報

遠藤歯科医院について

治療期間と流れ

患者様の喜びの声

セミナー

提携歯科医院

無料相談

入れ歯チェックシート

遠藤歯科医院へお越しの方
・JR総武線「平井駅北口」徒歩15分、タクシー5分
・東武亀戸線「小村井駅」 徒歩5分

 駐車場1台完備 




住所:東京都墨田区立花5-26-10
診療時間 月・火・木・金・土
10:00〜17:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
(※日曜は治療中の方のみ予約可)
TEL 03-3618-3836

管理画面